タイムレコーダーの多様化が進む現在

お勤め先の企業で、タイムレコーダーをご利用している方々はおりますか?タイムレコーダーとは、従業員の勤怠をカードやデータ上に記録として残す機能を有する機械です。従来から多くの企業に愛され続けてきたこのタイムレコーダーですが、現代の社会ではタイムレコーダーの機能を多岐に渡るものになってきました。その一方で、現代の社会に悪い言い方をすれば取り残された旧式のタイムレコーダーは、十分な機能を有しているにもかかわらず、市場では売れ行きが急降下し、販売不振にあえいでいます。供給側もこれらの販売不振のタイムレコーダーについては、かなり価格を落として販売促進に躍起になっています。なので、市場ではタイムレコーダーの機能は単純に出勤、退社時間さえ記録してくれれば問題ないと考える責任者がいる企業への販売が加速することになるかもしれません。最近、私がタイムレコーダーについて企業の管理者に聞いたところ、農村部では多くの事業者が手頃で簡便に記載してくれる従来型のタイムレコードの需要が残っている、従業員も100名超までいかない小規模の事業所にとっては、今までのタイムレコードの機能でも十分に勤怠管理をすることができるので、手頃なタイムレコードを欲している者はまだいるということだろう。

手頃だと思うタイムレコーダーとは

私が利用したいと思っているタイムレコーダーは、価格が安いものです。と言うのも、あまり高い物では買えないからです。それに社員数の多い大企業で使うのならまだしも、それほど人数の多くない企業なら高価な物ではなくても十分だと思っているからです。手頃だと思うタイムレコーダーの価格は、一台2万円以下だと思います。ネット通販で探してみると、このくらいの金額のタイムレコーダーは割と多いことが分かりました。企業で使うのではなく、個人的に使うにしても、このくらいの金額なら買いやすいと思います。気になる点としては、あまりにも手頃な価格だと機能性が優れていないのではないかということです。しかし、手頃な価格でも品質が高いものもあります。これはじっくりと様々な商品を比較してみることが大事です。また、機能性が優れていることで使い勝手の幅も広がってくることでしょう。そして、サイズ的にもコンパクトなものがいいと思っています。小さめのサイズなら持ち運びにも便利だからです。出先でも使うことができるように、持ち運びに便利なサイズを選ぶことができれば、これもまた使い勝手の幅が広がってくると思います。このように、私が思う手頃なタイムレコーダーは格安で機能性が高く、サイズが小さめのものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です