タイムレコーダーは時刻あわせが不要なもの

高級時計として機械式と呼ばれるものがあります。ぜんまいを巻いたり、手首にはめていると自動的に巻いてくれるものもあります。非常に高級なものですが、ある程度の時間の調整が必要ということです。毎月調整しておかないと、ずれてくることがあるということです。一方、デジタル時計などにおいては、比較的正確なものが出ています。全くずれないということもありませんが、時間を気にするというビジネス関係の人であれば、おしゃれな高級時計よりも、正確なデジタル時計のほうが良いかもしれません。今は仕事においては、分単位、秒単位で動くことになります。常に正確な時間を知っておく必要があるということです。テレビの時間などであわせるようにします。テレビであったり、録画機といいますと、時間があっています。もちろんこれらも本来であればずれていくものです。なぜずれないかといいますと、一定期間ごとに調整をしているということです。12時などに時報が鳴りますが、それを感知して、調整するタイプがあると聞きました。ですから常に正確な時間を表示しているということです。さらに良くあるのがパソコンの時間です。

こちらもずれることがあります。でも、きちんとすることができる仕組みがあるということです。サーバの時間を読み取って、パソコンの時間を調整するということです。以前でしたらかなりずれることがありましたが、最近は時間のずれも少なくなっています。パソコンの時間も正確になっています。時間といいますと、タイムレコーダーの時間も大事になります。こちらにおいても、基本的にはずれてしまうことになります。機械によってずれ方が異なりますから、一定期間ごとに時間を見て調整する必要があります。遅くなる分には良いですが、早くなるとなると一部の人から苦情が出てきます。時間ぎりぎりに来る人が、最近遅刻になってしまうということです。機械の時間が早くなっているということでした。時間ぎりぎりでも時間内であれば良いのですから、仕方がありません。

そのときには調整をするということになります。そこで、自動的に正確な時間をさしてくれるものを導入することにします。今は電波時計というものがあります。日本においては箇所から時間に関する電波が出ていて、それをキャッチして正確な時間に調整するというものです。機械によっては、こちらに対応しているものがあります。こちらであれば、調整をする必要がなくなるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です